生活の悩み

嫁姑問題解決マニュアル(メールカウンセリング付き)

嫁姑問題解決マニュアル(メールカウンセリング付き)



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

嫁姑問題解決マニュアル(メールカウンセリング付き)

■商品詳細:

世の中に“結婚”というものが存在し続ける限り“嫁姑問題”はなくなる事はありません。
しかし、姑のストレスから解放される方法はあるのです。

私の下へも、姑によるストレスから精神疾患になってしまった方がよく訪れます。
もし、あなたが“姑”によるストレスでお悩みであれば、この先をゆっくり読んでみて下さい。

あなたのストレス解消へと繋がるヒントが隠れているはずです。

■商品内容:

PDF

■ジャンル:

生活の悩み

■販売価格:

15223円

■販売者名:

株式会社夢丸
★生活の悩み☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

嫁姑問題解決マニュアル(メールカウンセリング付き)
嫁姑問題解決マニュアル
嫁姑人間関係修復プログラム
彼女の名前が千夏さん。
その当時千夏さんの年齢は28歳でした。
そして、彼女の旦那様は年下で長男・・・
年下と言っても、2歳しか変わりませんが、彼女にとって“その二つ”の歳の差が
結婚後、こんなにも大きく感じるとは、予想も出来なかった事でしょう。
「もう二度と顔も見たくありません!」
これは、彼女が私のカウンセリングルームに初めていらしたときに発した言葉です。
その“顔も見たくない”お相手は・・・
姑。
つまり、旦那様のお母様・・・
千夏さんが、旦那様と結婚したのは、当時から2年程前・・・
二人の付き合いは順調で、愛し合い、1年間の交際を経て自分の歳も考え「そろそろ・・・」という感じで、
自然に結婚に至りました。
旦那様の実家は、彼女達の新居から徒歩10分程度でした。
結婚を意識しだした頃から、旦那様の実家には数回遊びに行った事もあったそうです。
しかし、姑の態度が変わったのは、結婚後・・・
引っ越しを終えた当日から、ほぼ毎日何かと言い訳を付けて、千夏さんの新居に訪れたそうです。
家の中を勝手に掃除をしたり、冷蔵庫を勝手に開けたり・・・
食事の時間も、夫婦の休日もお構いなしに姑は訪問してきたそうです・・・
そして、千夏さんは旦那様に相談したそうです。
彼にとっては、長年自分を育ててくれた“母親”。
しかし、千夏さんにとっては“突然”「お義母さん」と呼ばなくてはいけなくなった女性。
旦那様にとっては、母親が自分の住居によく訪れる事など、気になる事ではなかったのです。
しかし、千夏さんにとっては“ストレス”となっていったのです。
そして、姑は更に千夏さん夫婦に首を突っ込んできたのです。
「早く孫の顔が見たいわぁ」
「○○(旦那)は子供が大好きなのよ。」
「もう千夏さんも若くないんだから!」
会う度に、姑の口から「子供はまだ?」と急かされるようになったそうです。
そして、耐えかねた千夏さんは、旦那様に泣きながら訴えました。
ところが、旦那様の応えは
「気にし過ぎだよ。」
「放っておけばいいんだよ・・・」
といった素っ気ないもの。
やり場のない苛立ちと、悲しみが千夏さんに襲い掛かりました。
千夏さんは当時パートではありましたが、仕事をしていた為、仕事をしながら、家事をこなす毎日。
疲れも溜まり、家に帰っても休まる事が出来なかった。
旦那様は、残業があり遅くなる事も珍しくなかったので、姑と二人きりで、小言を聞かせられる・・・
そして、旦那様が帰宅してから、千夏さんが相談をしようと、声をかけても
「疲れてるからまた今度にして・・・」
「お前の考え過ぎだよ・・・」
「嫁姑問題はどこの家庭でも必ずあるから。」
と逃げる一方・・・
残業も新婚当時よりも増えてきている気がする・・・
“何で話も聞いてくれないの?”
“悪口を言われる私が悪いの?”
“子供が出来ないのは私のせいなの?”
「寝付く事も出来ずに、旦那の帰りを待ちながら泣いた事もあった。」
「背中を向けられて寝ている旦那の隣で、涙を堪えた事もあった・・・」
千夏さんの頭の中に“離婚”という二文字が浮かんだ事もあったそうです。
確かに、あなた(嫁)が全てを我慢する事が出来れば、嫁姑問題が勃発する事はありません。
しかし、それは何の解決にもなりません。
千夏さんは、極度のストレスによって無排卵になってしまったのです。
子供を欲しがっていた姑、自らが導いた、最悪な結果でした。
世の中に“結婚”というものが存在し続ける限り“嫁姑問題”はなくなる事はありません。
しかし、姑のストレスから解放される方法はあるのです。
私の元へも、姑によるストレスから精神疾患になってしまった方がよく訪れます。
もし、あなたが“姑”によるストレスでお悩みであれば、この先をゆっくり読んでみて下さい。
あなたのストレス解消へと繋がるヒントが隠れているはずです。
ここまで、事例を少しご紹介させて頂きましたが、共感できるものはあったでしょうか?
まず、嫁姑問題で共通して言える事は、姑と嫁の間で蟠りが存在する事。
そして、夫婦仲が良好でない事。
家庭に大きな問題が一つ存在するだけで、様々な問題を引き起こす事になります。
あなた自身のストレスは、夫や子供を巻き込んで、最悪な結果を引き起こす可能性も十分にあり得ます。
そして・・・
あなたは、姑が何故あなたに対して嫌がらせをするのか分かりますか?
「息子を取られた腹いせ」
「女として気に食わない」
「姑は嫁が嫌いなもの」
そう思っているかも知れません。
確かに、世間一般的にはそういった見解もあるでしょう。
しかし、そうだと決めつけていませんか?
思い当たる節はありませんか?
もし、あなたが将来自分の息子にお嫁さんが来たとき、どう思いますか?
大切な息子のお嫁さんをあなたはどう出迎えますか?
最初から「自分のかわいい息子を奪った、恐ろしい女・・・」と思いながら接しますか?
もちろん、大切な我が子の将来を共にするお嫁さんですから、
「この子はどんな子だろう・・・」
「料理や家事はしっかり出来るのかな・・・?」
「私の息子はしっかり愛されているのかな・・・」
「私の息子は、この女性と一緒になって幸せになれるかしら・・・
この女性をしっかり幸せにしてあげる事が出来るかしら・・・」
こう思うと思いませんか?
姑は“嫁が嫌いで”嫌がらせをしている訳ではありません。
あなたを試しているのです。
あなたがどんな女性なのか、気になって仕方ないのです。
世の中の姑のイメージに縛られてしまって、自分の姑もそうなんだと決めつける事は、良くありません。
あなたも、将来“姑”の立場になる可能性があるように、あなたの姑も昔は“嫁”だったのです。
大体の場合、舅と恋愛をして、結婚に至り、赤の他人ばかりの世界へ、家族として加わり、
最初は戸惑ったはずです。
あなたの気持ちが全く理解出来ないわけではありません。
それでも、姑があなたに厳しく当たるのであれば、それなりの理由が存在しているはずです。
私の元へカウンセリングにいらっしゃる“お嫁さん”の多くは、完璧主義の方が多く、
神経質な方が多いのです。
この世の中に“完璧”な人間など存在しません。
あなたの姑が完璧ではないように。
私は人間が成長出来るときは“人を許せたとき”だと私は思います。
完璧主義な人は、他人に厳しく、自分にも厳しいものです。
その為、自己嫌悪に陥る事も多く、ストレスも溜めやすいのです。
しかし、人を許す心を持つ事で、自分も許してあげる事が出来れば、
人に受け入れてもらう事も出来るのです。
人を受け入れる事が出来ない人間は、人に受け入れてもらえるわけがないのです。
人に優しく出来ない人間が、人に優しくされないのと同じ事です。
あなたはお子さんに
「自分がされて嫌な事は人にしてはいけない」
としつけをしてはいませんか?
それは、何故ですか?
人にした事は、全て自分に返ってくる事を知っているからではありませんか?
優しさも、労りも、厳しさも、“嫌がらせ”さえも・・・
私のカウンセリングルームにいらっしゃる“お嫁さん”は、皆、最終的にはココを望みます。
最初は愚痴から始まります。
姑から受ける数々のストレスを発散するかのように、愚痴はとどまる事を知りません。
しかし、最終的には「姑との良好な関係」を望むのです。
良好な関係とは、姑と絶縁する事ではありません。
毎日一緒に買い物に行く事でもありません。
あなたが望む、姑との距離を保つ事です。
毎日の姑訪問を、週に一回にする・・・
子育ての事には、あまり口を出さないようにしてもらう・・・
あなたの考え方も尊重してもらえるようにする・・・
世の中に様々な家族が存在しているように、あなたが望む嫁姑関係も、
あなた自身が“良好”だと感じるものでなくては意味がありません。
しかし、多くの嫁姑問題には、共通して言える部分が存在します。
もし、あなたがこの部分を理解してくれるのであれば、
あなたが望む“良好な関係”を築く事が出来るのです。
私が、先ほどお話させて頂いた、千夏さんを覚えていらっしゃいますか?
千夏さんは、姑のストレスにより、不妊症になってしまった女性です。
しかし、私のあるアドバイスによって、彼女は姑との付き合い方を全く変えたのです。
その結果、姑の訪問回数も減り、極度のストレスから解消されたのです。
その後、姑が訪問して来る事があっても、千夏さんに対する姑の態度は、全く違ったものになったそうです。
少々嫌がらせともとれる発言をされる事もあったそうですが、千夏さんの考え方も変わっていたので、
笑って流せるまでになったそうです。
千夏さんが望んだ“良好な関係”を築く事が出来たそうです。
その後、アフターケアによって、彼女との対面は数回ありましたが、彼女の性格もみるもるうちに明るくなっていき
もう、カウンセリングは必要なく感じていた頃です。
「先生!赤ちゃんが出来ました!!」
と泣きながら千夏さんからお電話を頂きました。
「姑も舅もとても喜んでいます!」
と、話す彼女は電話の向こうできっと満面の笑みなんだと、想像する事は容易でした。
私のカウンセリングルームにいらっしゃる方は、その後の経過を報告してきてくださる方も多く、
こういった嬉しい報告は、私の仕事への糧となっています。
ストレスによって、体調不良を訴え、最悪の場合死に至るケースもある中で、
一人・・・また一人、ストレスから解放され、自分の明るい未来を築いて行ける・・・
千夏さんのように、姑に悩まされ、不妊にまでなってしまう事は珍しくはないのです。
女性の体は、とってもデリケートですから、ストレスを溜めてしまっては絶対にいい事はありません。
“嫁姑問題”は多くの場合解決の糸口が存在します。
私は、今までにカウンセリングをしてきた“お嫁さん”の事例を全てまとめあげ、
嫁姑問題の解決の糸口を多く見つける事が出来ました。
そして、私のカウンセリングルームに直接いらっしゃる事が出来なくても、
そのストレスを取り除く為に今回筆を取らせて頂きました。
あなたの“ストレス”も取り除いてみませんか?
多くの嫁姑問題に共通するもの・・・
私が今までにカウンセラーとして培ってきた、経験と知識があなたの嫁姑問題を解決に導く、
糸口をお話させて頂きます。
それが“嫁姑問題修復マニュアル”です。
ここまで、お読み頂いて、このお手紙を読み出す前と少し、あなたの気持ちは変わったでしょうか?
基本的な事を言いますよ「嫁姑問題はあなた次第で解決出来る」という事です。
カウンセリングは大切です。
まず、自分自身を客観的に見つめてみる事から始まります。
千夏さんを始めとする、多くの“お嫁さん”を姑のストレスから解放してきた
“嫁姑問題解決マニュアル”です。
こちらのマニュアルを読むだけでも、あなたの気持ちに変化があると思います。
そして、今後あなたがどう過ごせばいいのか、答えが見つかる事でしょう。
想像してみて下さい・・・
明るい笑顔を取り戻したあなたを・・・
誰でも、最初から他人を嫌う事はありません。
最初は「この人はどんな人だろう・・・」と探るものです。
特に、嫁姑間では探り合いが当たり前だと思います。
しかし、姑にとってあなたは、多少“おもしろくない存在”です。
それは、かわいいかわいい大切な息子の気持ちを奪った女性ですから当然です。
ですが、母親は自分の息子が一人立ちする事を知っています。
今は、まだ子離れを出来ていない状態かも知れません。
姑は、自分が子離れ出来ていない事にすら気付いていないかも知れません・・・
それに、あなたがストレスを溜めこんでしまう事は、とても無駄なことです。
“嫁姑問題には解決方法が存在しない”と考えている方もいるかも知れません。
実際に、私の下へ訪れる“お嫁さん”は解決方法を・・・というよりも、
とにかく話だけでも・・・という感覚でいらっしゃいます。
しかし、私のアドバイスにより、問題を解決して“ストレス”から解放されているのも事実。
そして、過去の事例や、解決までの糸口となる全てを教材として、あなたにお譲り致します。
より多くの方に“ストレス”から解放されて頂きたく思い、特別価格をご用意致しました。
一回分のカウンセリング料よりも安い・・・4,743円(税別)です。
あなたの幸せの値段はおいくらですか・・・?
迷っていらっしゃるのであれば、是非、未来の自分に投資してみませんか?
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記
一つ、あなたに質問をしてもよろしいでしょうか?
今は「イエス」と答えてしまうかも知れません。
では、姑はあなたの事を嫌いで嫌いで仕方ないでしょうか?
あなたの旦那様の事も嫌いでしょうか?
あなたのお子さんの事も嫌いでしょうか?
では、何故あなたが嫌われてしまっているのでしょうか?
その答えを知りたいと思った方にとっては、こちらの教材は最高に価値があるものになると思います。
何故、あなたと姑の間に蟠りがあるのか、その答えを見つけて、根本的なものを解決して下さい。
そうする事で、あなたは姑のストレスから解放され、明るい生活を取り戻す事、間違いないでしょう。
・・・という方の為に、今回私、松本順子の個別メールカウンセリングもご用意させて頂きました。
お一人、お一人に個別でのカウンセリングとなっておりますので、
ご安心してお申し込み頂けるかと思います。
こちらは、私の本業でのご対応となってしまいますので、カウンセリング料金を追加させて頂きまして、
マニュアルとセットで14,095円(税別)とさせて頂きます。
まずは、あなたの状況からお話下さい。
きっとお役に立てる事をお約束致します。
※御注意※
メールカウンセリングでは、あなたのお悩みに直接、
松本久美子がお答え致します。
一人一人に合わせた、完全個別のカウンセリングとなっておりますので、
お返事までに数日頂く場合がございます。
予めご了承くださいますようお願い致します。
メールカウンセリングにつきましては、ご購入日から30日間、
何度受けて頂いても構いません。
カウンセリングのお申し込み方法につきましては、
本編の最後にご案内しております。
追伸
本日は長いお時間お付き合い頂きまして、誠にありがとうございます。
私は、この手紙の中で“嫁姑”の人間関係を修復する事が出来るという事を、御説明させて頂きました。
人間は、人それ考え方も感じ方も全く異なるため、他人同士が良好な関係を築く事は容易ではありません。
それは、どんなに愛し合っている夫婦であっても、同じ事です。
この世の中に、形を変えない愛があるとしたら、血の繋がりである親子。
それが、普遍です。
しかし、あなたが今の旦那様と結婚をした以上は“家族”です。
あなたは血の繋がりのある親子よりも、強い絆があると思いますか?
私は、あると思います。
ですから、あなたは、あなたの今の家族の中で、最高の笑顔を見せる事が当たり前だと思うのです。
その方がずっとずっと幸せだと思いませんか?
Copyright(c) 2009 株式会社夢丸 . All Rights Reserved.
嫁姑問題解決マニュアル(メールカウンセリング付き)
お嫁さんに絶縁され息子夫婦も孫もやってこず。周りは孫の話をしているさが、私は孫に手紙も送ることも嫁から苦情のメール。この気持ちどうすればいいですか?嫁からは何があっても一切関わりたくない、二度と会いたくないと言われました。息子は数ヶ月に一度きますが、孫はやって来ません。
嫁の立場から答えます。そこまでするのはあなたが何かしたか言ったかではないですか?何かしなければ嫁は姑にある程度気をつかいます。突然そんなことをする人もいません。私の姑のように非常識かつ、なんでも嫁に言ってしまう人は知らずのうちに傷つけて嫌われてる可能性もあります。嫁とどう接していたか何かしてないか思い返してみては?
嫁さんの実家の事で皆様のお知恵をお貸しください。数日前に市役所の職員が嫁さんの実家に訪ねてきて道路拡張工事で家を取り壊ししなければならないと言われたそうです。当然、立ち退き料や補償の事に話しは進んだのですが、そこで思いもしない事になりました。土地の所有権が嫁さんの両親では無く別の所に住んでる養父の妹で建物の所有権が養父の姉の娘になっていたそうです。職員の方の話しによれば、立ち退き料や建て替えの補償金は土地や建物の所有者に支払われると言われたのですが、今はお互いが仲が悪いらしくて、このままだと住んでる両親に全く補償されないか心配です。このケースの場合は住んでる人はどうなりますか?皆様の回答宜しくお願いします!
カテゴリマスター質問者様のお嫁さんの実家さんが、どういう権限で、その住宅に住んでいるかですね。借家権でしたら、経済的給付を受けられます。市役所から立ち退き料もらえますね。使用貸借でしたら、何ももらえないです。相場の家賃を払っているかで、変わりますね。
お嫁さんに嫌がられてるでしょうか?夫婦で片道1時間半かけて仕事が休みの日に来てくれました。孫が産まれてからも来てくれていましたが、仕事をしているせいか徐々に2ヶ月から3ヶ月一度になり、連休には来れるのか聞くこともありました。もちろん連休に来てくれておこずかいや普段食べなような料理やお土産もいろいろもたせてます。来れない時で自分が会いに行っていいかと聞いて行くこともあります。会いに来れない日は自分が会いに行けるよと話し、仕事だと断られることもありそれなら私が会いに行ってはと言いましたが無理と言っているだろと断られましま。里帰りでほとんと会えなかったので、帰ってからはお宮参りをやりたいからと言いましたが仕事だからとか言うので面倒くさがらずやりましょうと、一年の行事を書いた手紙を送りました。そしてお宮参りをして写真も撮りました。息子からは俺たちが仕事といってるのに面倒くさがらずといい、自分たちが仕事だからこの日無理とか自分がやりたいだけだろと言われました。私はただそういう行事を大切にやってあげたいと思っただけでなのですが。二人目を妊娠し仕事が休みになったので孫にも会えるかと思い妊娠6ヶ月でしたがうちに来れないかと聞きました。仕事だから来週以降会える日に連絡すると言われたので私が言ってもいいよといい会いに行きました。二人目の妊娠で入院中は向こうの母親が来ると言われそのほうが気を使わないと思いお願いしましたが、そのときも週一で会いに行こうとしましたが断られました。息子も子供の面倒よくみるんですよとあちらのお母さんにいいました。切迫早産で入院になり孫の保育園の迎えをすると言ったら断られ、あちらのお母さんにはいろいろしてるのに、申しわないのと私も何か手伝いたいのにという気持ちもありました。お嫁さんの面会も旦那と世話をするお母さんのみとのことでしたが、心配で連絡なしに会いに行きお嫁さんは面会制限があるので・・といわれあとで息子に怒られ、あちらのお母さんに息子に怒られたんです。といいました。謝罪はしてません、心配でお見舞いに行かないほうがよくないと思ったからです。退院しあちらのお母さんがいるのでお礼がてら孫に会いに行こうとしたらもうお母さんは帰られていたので手紙を出しました。里帰りする前に一度会いにと思い赤ちゃんにあいに行くとあちらのお母さんがまたいて、聞いてなかったので蚊帳の外だと息子におこりました。里帰りで上の子を連れて行くので来てくれたとのこと。正直今まで色々お金や荷物を送ってあげたりしてきたのに・・何もやらせてもらえないのかという思いがでてきて悲しいです。これは望みすぎなのでしょうか?家を建てる資金も今後呼んでもらったり行くこともあるかと思うからと200万ほど援助しました。もちろんそれだけじゃなく息子たちのためと思って出したのも事実です。しかしまた色々してやってるとか言われたら嫌だからもらえなと・・なぜもう少しお互いのことを思いやれないのか自分の事ばかりと思ってしまう自分がいます。お嫁さんは会うと嫌な顔せず母の日のプレゼンなどよくしてくれます。しかし息子から、だから嫌われるんだーと喧嘩した時に言われました。あとからカッとなって言ったといわれました。私もいろいろしてるのに何もさせてもらえないと言ってしまいました。やはり嫌われているのでしょうか?補足私も孫に会いたいんだろとか思わないのでしょうか?色々してくれてるから会わせてあげようとか。お嫁さんの親ばかりで申し訳ないとか、お母さんが来るなら来てると知らせるべきじゃないですか?私も息子の親ですし。息子の親は関わってはいけないのでしょうか。孫は3人います、上が3歳下が0歳で来るのが大変なら車で迎えに行くからおいで、と息子にいいましたが子供たちの面倒を見るのはお嫁さん、なぜお嫁さんに来れる?と聞かずに勝手に決めるのかと言われましたが嫁が息子に言ったのだと思います。強制したわけじゃなく、おいでといっただけなのに勝手に決めるなとか言われると思いませんでした、来てくださいとか孫に会わせてくださいとお願いしなければダメなのでしょうか?そんなにお嫁さんに気を使いお願いしないといけないことですか?もっと私も息子たちのことを思ってのことだからとはあまり思わないですか?
結婚した息子を持つ母親です。私自身完全同居経験者です。私もそうですが、相談者さんも立場は『姑』ですよね。どんなに良い姑さんでもお嫁さんからみれば所詮は他人です。良いお付き合いをしたいのなら、あまりこちらからは押しかけたりせずに、あちらが来てくれるのを待つ方が得策だと思います。まして、共働きしている場合には貴重な土日などの休みのは自分達家族で過ごしたいでしょうし。お宮参りなどの子供の身の祝いも、こういうことがあると言うことを伝えて、それを実行するかどうかは息子さん夫婦が決めることだと思います。価値観の押し売りはしない方が良いと思いますね。うちは結婚前から息子には彼女の実家の近くに住みなさいと言い続けていましたし、実際彼女のお母様が気に入ったところに住んでいます。時々食事にはきますが、こちらから家に行ったりはしませんよ。食事もこちらから息子に連絡し、彼女の都合などを聞いてから返事がきます。先日安産祈願に行きましたが、「お母さんも一緒にいかがですか?」と誘われたので行きました。常に自分の立場は「姑」であると自覚して行動するようにしています。もともと一人っ子の息子なので、幼稚園の頃から『一人っ子の長男のところに来るお嫁さんは居ない』と友達に言われてきたので。「うちは家事炊事すべてを仕込んでお婿に出すから」と言う気持ちで育ててきたので、息子があちらのご両親に可愛がって頂けばそれで良いと思っています。もちろんお嫁さんは大切にしますよ。でも、うちの嫁だから、うちの孫が・・・・などと言う気持ちはありません。息子が幸せに暮らしてくれればそれで十分だと思います。何事も頼まれれば喜んでしますが、押し付けだけはしないように心掛けています。直接お嫁さんに連絡を取ることもありません。時代も変わってきていますので、お嫁さんとの関わり方も考えて行かないとうまくお付き合いして行くことは難しいと思います。何かをしてあげたとしても、「してあげた」と決して言わないことですね。こちらの気持ちでしてあげただけの事と割り切った方が良いですよ。それが出来ないのなら、何もしないことですね。私はそう考えています。
お嫁さんのことです。息子は5年交際したのち結婚し、半年の間に貯金をして家を出るという約束で同居を開始し、1年たってしまいました。子供ももうすぐ産まれるので、家族水入らずの生活をしてくれると思いきや、お嫁さんは、息子の収入や、仕事から帰るのが遅いのが不安と言って、同居を続けたいようです。息子は国家資格を持つ職業で、年齢からは標準の収入だと思います。しかし、お嫁さんは息子の収入だけで、余裕のある暮らしがしたいらしく、話すことが全てお金の話になります。一見しっかりしているようですが、、息子の事を全否定されているようで辛いです。普段から自分の言いたいことばかり主張して、同居していても家のことはあまりしません。入れてもらっているお金も2~3万円です。私としては早く出て行ってもらいたいのですが、お金のために同居していたい、というお嫁さん、どう思われますか。ちなみに息子夫婦の貯金は1000万円ほどあるそうで、そのうち殆どが、嫁が自分で貯めたものだと言ってきました。ですが、子供が産まれてお金はいくらでもかかってきますし、夫婦でもっと協力するべきかと思うのですが、ましてずっと専業主婦でいたいというお嫁さんの一方的な主張に疑問を感じます。。私の考えはおかしいですか?
お嫁さんの言っている事は簡単に言えば余裕のある生活をしたいから、夫の稼ぎが悪いんだから親が責任もって援助しろと言っているに等しいです。あなたの考えはおかしくありません。結婚して独立したからには世帯=家計は別です。最初から半年と期限を区切って同居したのですから。本当は半年で出すべきでしたね。お嫁さんが独身時に貯めたお金はお嫁さん個人の資産で、その使い道にあなたが口をだしていいものではありません。ですが、世帯が別になったからには現状で自分達の力だけでどう家庭を切り盛りするのか考えなければならないのは息子さん夫婦であって、親の役目ではありません。余裕のある生活をしたければ夫婦で協力してどうかすればいいのか考えなければならないことです。百歩譲って子が産まれるのに夫の帰りが遅いのが不安だというの理由に同居を継続するのであれば、大人二人の生活に相応しい食費と光熱費を入れさせましょう。お嫁さん。ちょっと頂けない人に思えます。暗に自分の夫の稼ぎが悪いと言っているような発言を、その親にいうって相当図太いですよ。その上、援助して当たり前的な態度ですもんね。情けない。先ずは息子さんにちゃんと自立するように言わなければ。なぁなぁにしていてもいいことありません。
お嫁さんを怒らせてしまったようで孫と逢う事が出来ないです。待望の孫が出来これからいろいろな交流が出来ると思い楽しみにしていたのですが、私が言った言葉が原因なのか全く来なくなりました。息子に尋ねても詳しくは教えてくれません。孫の贈り物を渡しても、何の便りもなく一番楽しみにしていた事が出来なくなるのかと思うと辛いです。実は過去にも質問させていただいた事があるのですが、その時も姑である私は大人しくしておけ、孫に執着せず見守れ、と言う回答が大半でした。大人しくしていても近所なのに盆も来ずです。アドバイスしたり、逢いたい交流を持ちたい2010。と思うことは姑と言う立場の人間は遠慮しなければならないのですか?友人から聞く、孫と出かけた、お買い物に言った、預けてくれてあんな事をしたと羨ましいです。補足正直初めての子育てで知らない事もたくさんあるだろう、近所なのもあるので当たり前に交流が出来ると思っていました。実際私の友人もそんな感じです。言った一言や孫が出来た嬉しさのあまりしてしまったことがこんな事になるのだったら恐ろしくて会話ができない。孫のことは一切言わず言われた事だけをする。そんなばかばかしい世の中ですか?最近は。お嫁さんはそんなに完璧な人間なのでしょうか。
私もあなた世代ですが、女性ならお分かりかと思います。どんな動物でも、産後は本能的に自分の子供に近づく者に警戒します。お嫁さんとしては保護本能によって外敵や細菌から子供を守るため、舅や姑との関係性は一番面倒なこと。そう、外敵なんですよ。彼女の頭にあるのは子供を守ること、子供の日々の成長の感動と自分が母親として成すべきことを模索しながら日々を生きているのですから。孫はペットとは違いますので、余生の生きがいとされては迷惑なのですよ。嫁や孫にとって、じじばばからの一番ありがたいプレゼントはお金です。趣味の合わないダサい洋服や高カロリーな食べ物を贈るより、進学や将来のためにまとまったお金が必要な時、頼りになれるじじばばになってあげてください。孫を可愛がるより犬を可愛がれと明治生まれの祖母が大昔に言っていました。
おすすめの情報