情報起業

一般社団法人設立パーフェクトキット

一般社団法人設立パーフェクトキット



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

一般社団法人設立パーフェクトキット

■商品詳細:

当マニュアルを読みながら、パソコン上で書式(ワードファイル)を埋めていくだけで、一般社団法人設立に必要な書類が完成します。手続き解説書も付いていますので、ご自身で理解しながら簡単に一般社団法人設立手続きが完了します。少しでも安く一般社団法人設立を済ませたい方は是非ご活用下さい。こちらの書式商品は、年間、会社設立手続支援実績200件を超える「行政書士」が企画、制作しています。

■商品内容:

ダウンロード

■ジャンル:

情報起業

■販売価格:

29800円

■販売者名:

株式会社 経営労務ブレイン
★情報起業☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

一般社団法人設立パーフェクトキット
【一般社団法人設立書式】一般財団法人設立 様式雛形書式サンプル
当マニュアルを読みながら、パソコン上で書式(ワードファイル)を埋めていくだけで、一般社団法人設立に必要な書類が完成します。手続き解説書も付いていますので、ご自身で理解しながら簡単に一般社団法人設立手続きが完了します。
少しでも安く一般社団法人設立を済ませたい方は是非ご活用下さい。
こちらの書式商品は、年間、会社設立手続支援実績200件を超える「行政書士」が企画、制作しています。
 当一般社団法人設立キットは下記のような方にお勧めです。
 少しでも安く一般社団法人設立を済ませたい方
 時間があるので自分で動ける方
 自分自身も設立手続きに携わりたいという方
 超特急で設立を完了させたい方
 価格 29,800円 
 内容 【一般社団法人設立マニュアル】
 一般社団法人設立フロー(19ページ)
 
  設立準備時にすべきことから定款認証手続き、登記完了後の手続きまでを網羅
   ※公益認定手続きに関しては記載しておりません、御了承下さい
 定款作成マニュアル(11ページ)
 書類作成マニュアル(9ページ)
 書式テンプレート
 一般社団法人設立基本事項記入フォーム
 定款例
   ・ 簡略型一般社団法人定款例
       理事1名 理事会、監事、会計監査人、基金非設置
   ・小規模型一般社団法人定款例
       理事複数、監事・基金設置(理事会、会計監査人非設置)
   ・小規模非営利型(収益事業のみが課税対象となる)一般社団法人定款例
       理事複数、監事・基金設置(理事会、会計監査人非設置)
   ・中規模型一般社団法人定款例
       理事会、監事、会計監査人、基金設置
   ・中・大規模一般社団法人定款例(公益法人成りを想定)
       理事会、監事、会計監査人、基金設置
 設立時社員の決議書
 設立時代表理事選定に関する書面
 設立時理事、設立時代表理事、設立時監事、設立時会計監査人の就任承諾書
 登記申請書
 OCR
 印鑑届書
 印鑑カード交付申請書
商品
番号
書式商品名
価格
クレジットカード・
コンビニ・
BitCash決済
020
一般社団法人設立手続パーフェクトキット
102ページ収録
29,800円
パーフェクト書式オンライン販売の書式は、「info top」にてクレジット即決済(※1)、コンビに決済、BitCash決済、銀行振込(※2)確認後にダウンロードが可能となります。お急ぎでご入用の方は、E-mailにてご連絡頂けましたら対応させて頂きます。
※1 クレジットカード決済の場合
・カード情報を入力後、所定のページからファイルをダウンロードして購入しますので、
24時間購入可能です。
パーフェクト書式オンライン販売の書式は Word2003で作成し、Word2007、Windows Vistaの動作確認をしています。尚、ダウンロードする際のファイルは、圧縮されています
 「人事労務、法務のパーフェクト書式オンライン販売」の商品販売に関して、以下の通り定めます。
販売料金
商品ごとに定めた金額
代金のお支払い方法
■クレジットカードでのお支払い(1回払い)
クレジットカード決済
■コンビニ振替(前払い) ・BitCash決済
申込有効期限・領収書
申込有効期限は、14日とさせて頂きます。
14日間入金がない場合は、キャンセルとさせていただきます
領収書は、各クレジットカード会社が発行する領収書となります。銀行振り込みの場合、振込明細書を領収書としてご利用ください。
当社からは領収書を発行致しません。
お届け方法・商品引渡し時期
お届け方法は、代金決済完了後、infotopユーザーマイページよりダウンロード又はメールによる送付となります。商品引渡し時期は、代金決済完了後、14日以内にinfotopユーザーマイページよりダウンロード
商品代金以外の必要金額
銀行、コンビニ振込の場合、手数料
返品・交換
理由の如何を問わずキャンセル不可です。ダウンロード販売につき、返品・交換はありません。
※ダウンロードに失敗、またはダウンロード期間を過ぎてしまった場合はご連絡下さい。直接データをE-mailにて送付致します。
販売者・販売URL
株式会社経営労務ブレイン(遠地経営労務法務事務所)
〒730-0012広島県広島市中区上八丁堀4番1号 アーバンビューグランドタワー10F
TEL:082-222-8801
http://www.ml-brain.co.jp/ippannsyadanhoujin-seturitu-online.html
責任者
代表取締役遠地謙介
商品・サービス等に関する問合せ先
株式会社経営労務ブレイン(遠地経営労務法務事務所)
〒730-0012広島県広島市中区上八丁堀4番1号 アーバンビューグランドタワー10F
TEL:082-222-8801FAX:082-222-8802
E‐mail:brain@ml-brain.co.jp
対応地域:パーフェクト書式オンライン販売は全国対応しております。
【地方】
北海道・東北地方・関東地方・東海地方・北陸地方・近畿地方・中国地方・四国地方・九州地方
【都道府県】
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・群馬県・栃木県・埼玉県・千葉県・
東京都
・神奈川県・新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・岐阜県・長野県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・和歌山県・奈良県・鳥取県・島根県・広島県・岡山県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・長崎県・宮崎県・鹿児島県・熊本県・佐賀県・大分県・沖縄県
【都市】
札幌・盛岡・青森・仙台・秋田・山形・福島・水戸・宇都宮・前橋・さいたま・千葉・東京・横浜・新潟・富山・金沢・福井・甲府・長野・岐阜・静岡・名古屋・大津・大阪・京都・神戸・奈良・和歌山・鳥取・松江・岡山・広島・山口・徳島・高松・高知・松山・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・那覇
【近隣地域】
広島市中区、広島市西区、広島市南区、広島市東区、広島市安佐南区、広島市安佐北区、広島市佐伯区、広島市安芸区、安芸郡府中町、安芸郡海田町、安芸郡坂町、安芸郡熊野町、呉市、東広島市、廿日市市、大竹市、江田島市、竹原市、安芸高田市、三次市、庄原市、三原市、福山市、府中市、豊田郡大崎上島、山県郡安芸太田町、山県郡北広島町、世羅郡世羅町、神石郡神石高原町、岩国市
(c)2006 株式会社 経営労務ブレイン All rights reserved.
一般社団法人設立パーフェクトキット
会計監査人のみなし再任についてなんですが、定時株主総会が開催されなかった場合もみなし再任されるのですか?それとも、任期満了によって退任しますか?
会社法第三百三十八条会計監査人の任期は、選任後一年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとする。2会計監査人は、前項の定時株主総会において別段の決議がされなかったときは、当該定時株主総会において再任されたものとみなす。3前二項の規定にかかわらず、会計監査人設置会社が会計監査人を置く旨の定款の定めを廃止する定款の変更をした場合には、会計監査人の任期は、当該定款の変更の効力が生じた時に満了する。なので2項の前提は株主総会が開かれた事なのでご指摘の通り、株主総会すら開かれなかった場合には、退任してしまいます理由として、会計監査人は「役員等」ではあっても、外部の公認会計士を予定しており、定時の株主総会すらやらない会社が外部の公認会計士にちゃんと報酬を払うはずもなく、権利義務役員とする必要がない(会計士に迷惑)からです
安芸郡に、住んでいます。この、近辺で最寄りのネットカフェって、ありますか?
このサイトおススメです。http://internetcafe-navi.net/search/list/?pref=34
一般財団法人とは?①一般財団法人とは、特定の資産家が持つ(個人、複数人)資産で運用されている会社という事でしょうか?②一般財団法人に就職をすると一般の株式会社などへの転職が難しくなるとの記事があったのですが、それは何故でしょうか?
ご質問の例の資産家が…という場合は、財団法人という組織の方が普通だと思います。資産を運用してその運用益や事業収入で特定の目的のための事業を行う団体です。目的のために集めるものが財産なのが「財団」で人力とノウハウを集めるのが「社団」です。一般社団法人とは、特定の目的のために「会員」が会費と労力を持ち寄って事業をする団体です。公益社団法人の場合は、目的が特に公益性のが強いもので、設立からその後の運営まで主務官庁からのチェックも厳しくなりますが、その分税制上の優遇があります。一般社団法人の場合は、公益性が強い目的でも、設立や運営がそれほど厳しいチェックがなく、事業も自由度が高くなります。その分は税制の優遇はほぼありません。ですから、本来は公益性が高い目的の事業を行う団体であっても柔軟な運営ができるようにあえて「一般」社団法人になっているところもあります。社団法人で働いていると、一般企業への転職が難しいというのは、そういう場合もあるという程度のことです。なにしろ、世間一般は(一般も公益も区別なしで)社団法人≒お役所もしくはお役所天下りの非効率・不効率の団体という病気とも言える思い込みがあります。ですから、そういった所で働いていた人は「民間企業の厳しいところは合わない」と、勝手に決めつけてしまいます。そういった人事担当者がいる企業が多いのです。社団法人は儲けてもいけない(今は税金払ってしまえば済む面もありますが)、損はさらに許されないという微妙なバランスを保ちながら、特定の目的のために「会員」上手くを使って事業をしなければなりません。役員も原則は無報酬です。そういった奉仕の精神とニッチな目的、会員という賛同者のメリットを考え、それがひいては社会の役に立つという公益性を意識して活動するところで働いているわけですから、まともに人物を判断できる企業であればマイナス判断はしません。ただ、目的がとてもピンポイントでニッチなこともあり、そこから外れると知識や経験が足りないために全くの別分野には行きにくいということは考えられます。
社団法人について一般社団法人とは、どういうことなのでしょうか?株式会社と、何がちがうのでしょうか?簡単にわかりやすくおしえてください。
株式会社も一般社団法人も、登記すれば誰でも設立できます。株式会社は営利を目的にしています。株式会社の社員も株主も、みんな儲けることだけが目的です。株式会社がどう行動するかの重要事項を決定するのは、株主総会です。ある株主が株主総会でどの程度の発言力や決定権を持つかは、その株主が持っている株式の種類や数によって決まります。ひとりの個人やひとつの法人団体組織が、その株式会社の株式をたくさん持って、その株式会社への影響力をより強くしようとすることもできます。株主になるために要求される資格は特にありません。年齢制限もありません。(例外的に、ある業界の株式会社や特定の株式会社については株主に関して法律で何らかの制限がかかっていることがあります。その場合は、誰でもその株式会社の株主になれるわけではありません。)株式会社は自由に商売してかまいませんし、儲けたお金を株式会社の財産として内部留保で貯め込むこともできます。ただし常識的には、株式会社の儲けは株主配当として株主に分配されます。そうしなければ、株主は株式を売って別の株式会社の株式を持つようになります。株主からしてみれば、株主配当の出ない会社の株式なんて持っていても何の得にもならない、というわけです。株主に配当を出して安定株主であり続けてもらってその株式会社を信頼してくれる株主が増えれば、その株式会社がさらに事業のため資金が必要だという時に株式や社債を発行するのにも人気が集まって、資金が集めやすくなります。一般社団法人は、営利を目的としないのと同時に、ある特定の目的や資格・免許などを持った人たちの団体というようなものが一般的です。例えば、ある業界の業界団体として、業界全体のために行動する、自分たちが儲けることではなく他の目的のために、というわけです。一般社団法人がどう行動するかの重要事項を決定するのは、社員総会です。「社団法人の社員」というのは、社団法人に勤務する職員のことではなく、社団法人に会費を出して運営資金を負担する会員のことです。会費を徴収しなければいけないということではなく他の方法で運営資金を調達してもかまわないのですが、何の条件も無しにお金を出してくれる人つまり寄付してくれる人というのは、そんなにいないでしょう。どういう人を社員にするのか、社団法人が勝手に制限を設けてもかまいません。社団法人の社員は個人だけというわけではなく、株式会社などの法人が社員になることもあります。また、社員があまりに多い場合は、社員総会ではなく社員の中から評議員・代議員を選んで、その評議員会・代議員会で重要事項を決定するのもあります。一般社団法人は自由に商売してかまいません。ただし、社員が儲けの分配を要求することはできません。
NPO法人と一般社団法人が非営利法人でありますが、どちらが国等からの補助金がでやすいのでしょうか。又、発起人がNPO.10人、一般社団法人が2人等の違いは理解しています。設立まで早いのも社団法人。との事。詳しい方ご回答お願いします。
kobekita78さん補助金の出やすさはあまり関係ありません。既存の補助金の募集要項などに合致してるか内容を問うだけなので、法人格の種類はそれが募集条件でなければ関係ないと思います。同じ補助金や助成金をそれぞれの団体が申し込んで、片方の団体だけ極端に速く申請が通ったという話は知りません。特定の政治家を動かして短期間で話を通したなんてことはどちらの団体でも聞く話ですけど。