医療

むちうち症で不幸にならないために~むちうち症、むちうち損傷を長引かせないで治すために必要な7つの秘密~1300人以上を見てきた 研究が大好きな 整形外科医の治療法

むちうち症で不幸にならないために~むちうち症、むちうち損傷を長引かせないで治すために必要な7つの秘密~1300人以上を見てきた 研究が大好きな 整形外科医の治療法



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

むちうち症で不幸にならないために~むちうち症、むちうち損傷を長引かせないで治すために必要な7つの秘密~1300人以上を見てきた 研究が大好きな 整形外科医の治療法

■商品詳細:

1300人以上のむちうち症を治療してきた研究熱心な整形外科医の治療のノウハウを、わかりやすく、ていねいに解説しました。むちうち症がなぜ治りにくいのか?治すために最初に絶対知らなければいけないこととは?早く治すための治療のポイントは?など、痛みや苦痛を減らし早く治るための36ページにわたる詳細なレポートです。むちうち症の全てが明らかになります。誤解や不安が解消します。事故にあったばかりの人から、なかなか治らなくて悩んでいる人、治療にあたる専門家、保険会社の担当者に、きっと役立つと思います。

■商品内容:

PDF26ページ

■ジャンル:

医療

■販売価格:

9800円

■販売者名:

加藤 良一
★医療☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

むちうち症で不幸にならないために~むちうち症、むちうち損傷を長引かせないで治すために必要な7つの秘密~1300人以上を見てきた 研究が大好きな 整形外科医の治療法
むちうち症、ムチウチ損傷を、長引かせないで治すために必要な7つの秘密
むちうち症、ムチウチ損傷を、長引かせないで治すために必要な7つの秘密
あなたが、このページを読まれているということは、
あなた自身か、あるいは家族、知人が交通事故、追突事故にあい、首や肩、その他の症状があるのだと思います。   すでにどこかで診察を受け、診断を聞いていると思います。治療もされているかもしれません。病院、あるいは診療所の整形外科かもしれません。接骨院(整骨院)や治療院かもしれません。   
でも、いろいろな所や、人から、いろいろなうわさを聞いて、不安があるのではないでしょうか?。
あるいは
なかなか治らないとか、何か問題があるから、
インターネットを調べてみたのではありませんか?
むちうち症は、治療法を誤ると、非常に不幸な状態に陥ることがあります。痛みが取れない、仕事ができない、生活ができない・・・。治療が長期化して保険会社とのトラブル・・・
私は、むち打ち症が治りにくい原因を理解しています。
不幸になる原因も知っています。
同時に、今一般に多く行われている、ムチウチ症治療の現状に
強い疑問をもっています。
一人でもむちうち症で不幸になる人を減らしたい。
それが私の思いです。
むちうち症、ムチウチ損傷、頚部挫傷、外傷性頚部症候群・・・
むち打ち症についてインターネットで質問サイトを調べると、多くの質問と回答があります。たとえば、「教えて!GOO」から拾ってみると(注:適宜読みやすいように改変しています)>むちうちは、交通事故直後は何ともなくても、おっしゃるとおり後から症状が出ます。  ですので、交通事故では最も揉める事故です。  確かに、首が折れている訳ではないので見た目には通常の生活が後れている様にも見えるのですが、  そこが厄介な点でして・・・正直、医者でさえはっきり分からないと言うのが医学界の定説です>むちうちは怖いですよ。私は軽四相手は原付のバイクが後ろからポンと当たっただけ  時速10キロにも満たないほどです。  なのに、2日後からは首筋は痛いわ、頭も頭痛はしだすわで大変でした。  トータルで2ヶ月間はそんな状態でした。>正直言って鞭打ちはすぐには治りません。>むち打ちは厄介ですから、完治するとは限りません。>鞭打ちで症状が残る人は多い。>鞭打ち症の後はしばしば長期にわたって様々な症状が残ってしまうことがある。>首の痛みと頭痛、全身の緊張、しびれ、耳閉感、  目の異常(光過敏、疲れやすさ)などに困っています。>数年前、私も9月に追突されムチウチになり、すぐに治ると思っていたのですが、  段々症状が重くなり、半年後には、耳鳴が出て、  色々とお金と時間をかけて治療していますが現在も完治していません。  もう、ひどくならない様にむちうちと共存していくしかない様です。>ムチウチ症は、治さなければ一生苦しむそうです。>本当に鬱病が発症してしまうこともある。
いろいろな症状が起こっています。
あいまいな情報が氾濫しているようです。
そして多くの不安と不幸を生んでいるように思えます。
整形外科医として、本当の専門家、プロフェッショナルの私から見ると、ほとんどが医師以外の方の経験談であり、誤解や間違いがあったり、何らかの問題のある内容にみえました。
交通事故に遭遇することは大きなストレスだと思います。
自分の大切な車が傷ついたというストレス。車が使えないストレス。代わりの車や交通機関を使うストレス。警察での手続きのストレス。加害者との交渉のストレス。保険会社との交渉のストレス。それだけでも大変です。
むちうち症の方は、さらに自分の体に何らかの症状があり、
その苦痛のストレスがありますから、もっと大変です。
そしてさらに、ムチウチ症の診断治療にも、いくつかの治りにくくなる罠、落とし穴があり、さらなる不幸を呼ぶ余地があるのです。
初めまして。 整形外科医の加藤 良一です。私は、2008年までの14年間に、約1300人以上のむちうち症、ムチウチ損傷(医学的には頚部挫傷)の患者さんを、できるだけ早く!確実に!治そうと 努力,研究して診療してきました。さらに、通常の頚や肩の痛みについては5000人以上を治療し、数人を除いてほとんどの方を治癒させてきました。そんな、普通じゃない(何が??)整形外科医のむち打ち症の治療法の実際をあなたは、知りたくはありませんか?
むちうち症で、あなたが、治らない状態が続き、
痛みが慢性化し、治りにくい状態になって、
さらには仕事も失ってしまうといった、不幸な一人にならないために、今回、この情報教材のマニュアルを作りました。
マニアック、研究熱心な専門家が詳しく書いた、初めての情報教材のマニュアルです!
この情報によりあなたは
1.むちうち症がよくわかります。
2.ムチウチ症への誤解がなくなります。
3.むち打ち症についての不安を大きく減らせます。
4.治りにくい原因がわかるので、対策が立てられます。
5.むちうち症の痛みや苦痛が減ります。
6.ムチウチ症が治りにくい原因を知って、長引くことを避けることができます。
7.むち打ち症が早く治るように、今受けている治療の軌道修正ができます。
確かに、むちうち症は治りにくい面があります。
しかし・・・
最近、私はムチウチ症の治療について、あまり悩まなくなりました。それは、膨大な診療経験と研究結果があるからです。2007年度は合計134人、2008年は116人。これは、2007年、2008年に私が診療した「むち打ち症」、医学的な病名では「頚部挫傷」の患者さんの数です。2002年から2008年の7年では合計651人、事故ではない首の痛みの患者さんは合計2431人でした。整形外科の診療所を岐阜県可児市で開いて2009年5月で15年になります。推定で651人の2倍、1300人以上のむち打ち症の患者さんを見てきたことになります。実際、私のところに、きちんと通ってきていただけた患者さんで、治らなかった方はほとんどないようです。むちうち症の治りにくい原因を理解し、診断治療の上での落とし穴がわかっているので、前もって的確な対応が可能だからです。特に、ここ数年は、診療が洗練されてきて、治癒までの期間がさらに短縮してきています。
>接骨院はお勧めします。湿布出して終わりの外科よりも早く治ると思います。 (何ちゅう対応だ、と思う外科の多いこと・・・。)>整形外科の良し悪しもあります。
また、このように
残念なことに、整形外科でレントゲンを撮ってもらった後は、
医療類似行為(たとえば接骨院、整骨院)を勧める意見も多く、
私達、整形外科医にも問題があることを感じています。
実際、私自身、今までに、事故によって不幸な状態になっている患者さんを目にしてきました。
たとえ、まともな医療機関に通院していても、
診断はともかくとして(骨には異常がない、貼り薬だけ、のことも多いのですが)、
不十分な治療により、症状が長引いている場合がかなり多くあるのです。
痛みに悩まされたり、生活や仕事に差支えが続き、仕事ができなくなってしまう人さえいます。
それを知っていますので、私は現在、かなり計画的な、慎重な治療をしています。
一方、ネットで調べてみて驚くことは、医師以外の、接骨院、整骨院の宣伝がとても多いことです。実は、交通事故の治療費は、医師が治療する場合より、何と!接骨院の方が値段が高いのです。従って、接骨院にとって、交通事故の患者さんの治療は大きな収入源となっています。また、接骨院を開いているのは柔道整復師ですが、柔道整復師の数が近年急増していることと、そのための生存競争が起こりつつあることも、原因になっているかもしれません。某施術所の治療をみますと1.遠赤外線など、暖める2.マッサージ3.整体や矯正4.低周波や高周波など電気治療5.○○テープ6.カラーやコルセット7.栄養指導 関節の軟骨を修復・回復させる働きがあります。という、一見もっともらしいものですが、私から見ると、実に旧態依然とした治療が並んでいます。
それらが全く役に立たないとはいいませんが、大きな問題は、柔道整復師の方々は医師でないために
治療手段が限られているので、これでは、むちうち症の、多様な状態に
十分対応できない場合があると思われます。それゆえ、症状の長期化を招くおそれが強く危惧されます。ひょっとしたら、症状の長期化で、治療者の利益と、あなたの慰謝料は増えるかもしれませんが、本当は不幸なことだと考えます。痛みは長引くと、さらにとれにくくなってしまいます。
それどころか、施術所の治療には、問題点や、さらに有害な場合もあるのです。
3.の整体や矯正など、「何かをしてくれる」治療は、頚椎に危険の及ぶ可能性のある治療です。マッサージでさえ、その危険はあります。頚椎への徒手操作(マニピュレーション)は頚椎椎間板ヘルニア、骨折、頚椎の脱臼骨折の危険があると、アメリカ整形外科学会の本にも書かれています。Essentials of musculoskeletal care, 2nd ed, AAOS 2001, p547またマッサージは、痛みが取れないまま、漫然とした,気持ちは良くなるものの、そのときだけよくなる、漫然とした治療(?)の依存症になってしまう・・・そういう場合もよくみられます。5.○○テープなどは、確かに、何かをしてくれていますが、固定性はなく、雰囲気のみで、さしたる効果は期待できないと思います。6のカラーやコルセットは、私は、通常、不要と考えていますし、固定はむしろ、首の筋肉の力を落とし、回復を妨げるものと思います。7.栄養指導 関節の軟骨を修復・回復させる働きがあります。については、現時点ではグルコサミン、コンドロイチン硫酸、コラーゲンなど、軟骨修復効果は疑問視されています。バランスのよい通常の食事がされれば、それで十分だと考えられます。 
従って、私は、これら 世間一般で広く行われているらしい治療の現状には大いに疑問を持っています。こんなことでよいのだろうか?不幸な人が実際は増えているのではないだろうか?と。
ネットでは、そのほか、むちうち損傷について、賠償金を得るノウハウが売られていました。またむちうち症の解説、治療法の羅列まではあるようです。しかし、ムチウチ症を最短で治すための具体的な方法、明快な治療のノウハウや、これは、と思える解決法についての情報は見当たりませんでした。わずかに医療機関(注:接骨院は、医療類似行為であって、医療行為ではありません。) のHPの中で、私の敬愛するS先生が、的確な考え方を述べられていました。
「救急病院の応急処置だけや、医学的診断なしで
鍼灸マッサージ院や接骨院で痛みをおさえるだけの施術のみは賢明ではありません。」(白石整形外科内科クリニックHPより引用)
振り返って、一般的な整形外科でのむちうち症の治療の現状はどうでしょうか?
実は、大きな声では言えませんが、ほとんどの整形外科医は、ムチウチ症について 診断はできますが、治療については、あまり興味と熱意がない・・・従って、得意ではないのではないかと思っています。
なぜなら病院の勤務医としては、めったに手術にならないいので、
興味はあまり持ちません。(手術になるような、重症の患者さんは、歓迎でしょうけど)
むしろ、保険会社との応対も含め、
診断書を多く書かなければならないという雑用も増えますので、
あまりうれしくない仕事かもしれません。
まずは診断書を書いてくれて、安静指示と、貼り薬か塗り薬をくれるだけ、
痛み止めとして、痛かったら飲んで、程度のことが多いのではないでしょうか?
そして、リハビリテーションとしては頚椎牽引程度です。
開業医にとっては、健康保険診療ではないので、診療上のさまざまな制限はない点はよいのですが、
むちうち症が治りにくい面と、保険会社との交渉でトラブルが起こることもあり、やっかいな面があります。さらに漫然と治療が続けられ、適切な対応がされていないのではないかと思われる場合があります。
問題は、整形外科医でも、むち打ち症について、十分研究し、
きめ細かな治療方針を立てている医師がどれほどいるのだろうか?ということです。
実は・・・私自身も、追突事故にあったことがあります!私が整形外科医になって4年目のことでした。右折しようと、信号が変わって、少し前進しかけととき、どかんと、追突されました。トランクが大きくへこみました。いちおう、先輩整形外科医の病院を受診し、レントゲンを撮ってもらい、貼り薬をもらいました。1週ほど首に熱っぽい感じがありましたが、それですみました。それですんだということが、今、考えれば、非常に幸運でした。当時は、私自身も、むちうち症についての的確な方針は持っていませんでした。今の私が行っている対応とは、かなり質的に違っています。
昔の私は、単に幸運だったのだと、今は思っています。
また、今から20年近く前、整形外科専門医資格を取ったばかりの病院勤務医の頃、若い女性の患者さんで2年近く首の痛みを治せなかったこともありました。今、振り返っても、その方は、簡単に治せた患者さんではありませんでしたが、当時の私は、実力不足で申し訳ないことをしたと思っています。
当時の私は、専門医といっても、今の私とは雲泥の知識の差でした。
無知とは恐ろしいものです。私の今の力があれば、そんなことはなかったのに、と思います。
整形外科医の能力、経験が千差万別であることも厳然とした事実なのです。
もうひとつの問題は、
何より、勤務医も、開業医も、患者さんが多くて忙しい、外来診療の中で、
十分な時間をとって説明できないのです。これは今の私も同じです。医師には外来診療以外の仕事もあります。勤務医なら、入院患者さんの治療、手術、会議、書類書き、当直開業医なら、当直はないとしても自営業者として医院経営上の雑用もたくさんあります。どちらも、とても忙しいのです。
そこで、何より、あなたがむちうち症によって不幸にならないために
あなたへの詳しい説明と理解のために、たっぷり時間をとれるように、
私の25年の治療のノウハウを、
わかりやすく、ていねいに解説した情報教材のマニュアル(PDFというファイル形式のe-book)を作りました。
きっと、あなたの お役に立てると思います。
★さて、私が「普通の整形外科医でない」というのは?? 注! お急ぎの方は、次の★まで飛ばしてください。私は、医師になってからの経歴の中で、医師でなかった(?)時期があります。医師でない医師とは?医師国家試験に合格してから、市中病院で救急医療中心に研修し、その後、外傷(骨折などのケガ)を中心として 整形外科の初歩まで3年間、学びました。次に、脳性麻痺など、身体の不自由な子供を診療する所で1年学びました。  
その次には、基礎医学の研究員としての仕事につきました。
医療職でなく、一般職(医師としての資格による手当てがもらえない)で、医師以外の研究員の間で仕事(研究)を6年にわたってすることになりました。
いわば、医療の世界から、再び、「普通の人」の世界へ戻りました。
この経験で、普通の人の立場から、病気を見ることもできるようになりました。
研究職として、当然、深く物事を考えることができるようになりました。
病気がどのように起こり、今、目の前の患者さんの中で、何が起こっているのかを想像できるようになりました。
普通の整形外科医のように、手術中心に治療を考えることはなくなりました。  
また、医療用語を、普通の言葉に置き換えて、わかりやすい説明ができるようになりました。
私が整形外科医の初心者であった頃は、普通の整形外科医としての診断治療を行っていました。それでも、診断が正確であって、世間並みの治療をしていましたので、今考えても、我ながら、まあ許せるかと思います。 研究生活を送った後は、病気ひとつひとつの状態が、かなり正確に想像できるようになりました。何より私を大きく進歩させてくれたのは、その後の経験です。
開業後も、日々、患者さんから新しいことを教えていただいています。14年の間に診断、治療法も、随分良い方へ変化してきました。より早く治るようになり、手術の数が減りました。
むちうち症、むちうち損傷、頚部挫傷の場合でも、
何が起こり、なぜ治りにくいかが、今の私は、わかっています。
原因がわからなければ対策は立てられない、という、当たり前のことですね。
さて本題です。私はその「治りにくい原因」への対策を、治療上実践することで、早く確実に治ることがわかりました。ただし、すでに慢性化した痛みの場合は、少し時間がかかりますし、ゴールはやや異なりますが・・・。本来、あなたにも、私の診療所に来ていただいて診断、治療をさせていただければよいのですが・・・先日も・・・ようやく、ここまでたどりついた!数年ぶりに、私の所を訪れた患者さんが診察室で言いました。数回、受付へ来たのですが、そのたびに、「本日の受付は終了しました」。意地になって、朝早く順番を取り、やっと診察に「たどりついた」。ひとりひとりの患者さんに、ていねいな診療を行うため、あまり多くの患者さんを診察できません。それで、こういう事態になります。日本の保険診療では、診察料は一定です。しかし診療内容は、実は医師により千差万別です。医師の能力と努力と良心が反映します。あなたが、どこへ行っても同じ、と感じるのなら、がんばっている医師があなたのまわりに少ないということになります。その意味では、私の診療は、非常に(良いほうに)個性的だと自負しています。 しかし・・・
私は、現状で、これ以上の数の患者さんを
診療することはかなり難しいのです。
さらに、岐阜県可児市というのは、 岐阜市よりむしろ名古屋市に近いのですが、 岐阜県の東方で田舎の町であり、交通の不便なところです。 医療は、個人的な作業で、地域限定なのです。 そこで、 遠くに住む方が、 わざわざ、来なくてもすむように 私の治療のノウハウを、 わかりやすく、ていねいに解説したレポート (PDFというファイル形式のe-book)を作ったのです。 きっと、皆さんのお役に立てると思います!★
さて、少しこの情報マニュアルの内容を見てみましょうか。1.むちうち症と、それ以外の首の痛みの違いとは?  
  「ムチウチが治りにくい」理由の核心とは?    そして、あなたが知らなければならない、最も重要な4つのポイントとは?  
  肩こり、寝違いとむち打ち症の違いを知る必要があります。
2.私自身の24年、1300人以上の診療経験から、  むちうち症、ムチウチ損傷の治癒への経過をお話しします。  
  むち打ち症で、何が起こってくるのか、その経過の全容を知ることで    何が起こるのかということへの  不安が減るでしょう。  
  お化けの正体が見えれば恐怖は小さくなりますよね。
3.むちうち症についてよく言われる「あとで出る」というのは?    あなたを不安に陥れる世間のうわさについての真実を知る必要があります。    この真実を知ることで、多くの不安が解消すると思います。4.最初に行うべき急性期治療  
  適切な診断と治療を受けることが絶対必要です。    この、適切な治療、というのが難しいですね。    痛みを早くとる治療で慢性化させないためのポイントは?    日本人の好きな●●薬は効かない!    早く治すための、受傷後、最初3ヶ月間の  「私の整形外科的治療」の重要点を詳しくお話します。 5.受傷後、3ヶ月を過ぎて、なお痛みが続くと、痛みがとれにくくなります。  
  痛みを慢性化させない、そのための、早めの対処が必要です。  
  いったん痛みがその状態(慢性疼痛)になったら、  それまでとは別の対応が、追加で必要になってきます。    これらについて詳しくお話します。6.むちうち症の時の、私自身の整形外科の治療はいろいろありますが、
  その中で、最も重要なことは何でしょうか?    整形外科医としての25年の経験でつかんできた、
  早く治すために、あなた自身に必要な生活や仕事での注意点の数々、    それが、この情報の核心のひとつです。   その他、私の現時点での最新の治療を全て詳しくお話します。7.良い医療機関の選び方について    「医療には格差があると感じる。住んでいる場所、   かかった医師で、運命が決まってしまう。」   (朝日新聞 2008.4.29記事より引用)   よい医療機関を選んで早く治しましょう。    経験豊かな専門家からみた、よい医療機関選択のポイントとは何でしょうか?  番外編として1.保険会社の担当者として、被害者に、してはいけない3つの対応とは?2.低脊髄圧症候群 脳脊髄液減少症、について。やや専門的ではありますが、参考になる部分があるかと思います。これらは、全て今までの整形外科25年の経験と研究から、わかってきたことです。本当は、脳外科医、整形外科医などプロの方にも読んでいただきたい深い内容です。
このレポートを読んで実行していただくことで、あなたは以下のことが可能になります。
1.むちうち症、頚部挫傷を、より早く、長引かせないで治せます。
2.より早く、長引かせないで痛みのない日常生活、仕事へ復帰できます。
3.ムチウチ症、頚部挫傷について、  整形外科医と同等あるいはそれ以上の知識を持ち、  一緒に治療を進められます。
4.首の痛みや肩こりの再発の可能性を低くできます。
5.身体の無理な使い方が減るので、  その他の部位、たとえば肩関節や背中、腰の障害も起きにくくなります。
もし、私に直接、診察を受けに来るとしたら、どれぐらいの時間と費用がかかるでしょうか? (1時間以内のアクセスなら、直接どうぞ。お待ちしています。Q&A参照)要する時間が1日から数日。あなたの時給を1000円としても8000円から数万円。 交通費、宿泊費、それと当然、診察料も。これが合計3万円以上。全部で合計4万円以上かかってしまうことも考えられます。
また、実際の診察では忙しいので、
誰も、ここまで時間をかけて説明をしてはくれない、あるいはできないと思います。
たとえ、アメリカの専門医でも無理だと思います。
これだけの内容を、実際に診察室でお話しすると、
30分以上、恐らく1~2時間以上かかると思います。
これは日本の、医師が多忙な健康保険診療では絶対無理なことで、
自由診療なら、初めて可能になることでしょうね。
他の医師の意見を聞くためのセカンドオピニオン外来1000施設の調査では
30分で10000円の設定が最も多く見られました。1時間なら20000円でしょうか。2時間なら40000円。さて、私は、保険診療以外の仕事では1時間4万円を請求の基本としています。であれば、2時間なら80000円。高いですか?高いかもしれません・・・それぐらい、本業の健康保険診療が医師不足のためと、ていねいな診療で忙しく、私にとって、空いたわずかな時間があまりに貴重だからです。また、自分の仕事に対しては、それだけの努力を、今まで25年間払ってきた、そして、今も払っている、という自負もあります。アメリカの整形外科医は手術中心です。あまり手術をしない整形外科医というのは世界では少なく、手術以外の治療法については、日本の開業整形外科医(の一部)が、ひょっとしたら世界一かもしれません。そこで80,000円頂いてもいいかも?と思ったのですが、(高いですよね)まずは、私の治療法がもっと広まって、役立って欲しいので、とりあえず今は・・・
60分のセカンドオピニオンの半額サービス!と考えて
9,800円(税込み)
とさせていただきます。  (ダウンロード版の場合)
マニュアル本配達の場合は、別途に手数料送料 計1,050円かかります。配達に5日ほどかかる場合があります。焦らずお待ちください)コンビニなどから振込みの場合、振込み確認後に、ダウンロードアドレスを書いたメールが届きます。携帯のアドレスの場合、パソコンからの受診拒否の設定を解除しておいてください。
人は気が変わることもあります。
また治療法の進歩、情報の更新により、いつ値上げするかはわかりません。
何より、あなたが不幸な状態にならないため、また早く治るためにも、私のレポートを入手することをお勧めします。★ご購入者が被害者の場合、保険会社と交渉すれば、おそらく購入代金を払ってくれると思われます。
  購入の証拠として確認メールなど、購入の記録を残しておきましょう。
  あるいは事前に保険会社の担当者に確認されれば、よりよいと思います。
  担当者には、整形外科医が書いた、むちうち症が早く治るための情報があるのですが、
  とお伝えください。
一応、念のため・・・
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。 当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。 と、書いておきます。
それではお申し込みへ!
販売価格 9,800円(税込み)
ご購入はこちら>ご購入はこちら>
本書の構成など ダウンロード後、 ファイルを開くためにパスワードが必要です。 購入後 1時間後に、パスワードが書かれたメールが届きます。 マニュアル本(冊子版)配達の場合は、そのままお読みになれます。 ダウンロード版ののレポートはPDFというファイル形式のe-bookです。 36ページあります。 PDFを読むためにはアドビ・リーダーが必要です。 アドビ・リーダーは無料でこちらからダウンロードしていただけます。 http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/readstep2.html
アドビ・リーダー
のダウンロードは無料で こちらから できます。
そして、ご購入いただいた方に、特典をご用意いたしました。
購入者特典 1:商材の内容に対する質問へのメールでの返答
商材の内容に関する質問に対して、著者が直接、メールでお答えします。 (注:この特典は状況により中止する可能性があります。)
購入者特典 2: 1ヶ月間の無償メールサポート
私は多忙なので、なかなか時間が取れません. しかし、今回は、とてもお困りの方に限り、 ホームページやマニュアルの評価など、ご協力をいただければ 1ヶ月間の無料メールサポートをさせていただきます。回数の制限はありません。 これは、この情報の値段を、はるかに越えた価値があると信じています。 (注:この特典は状況により中止する可能性があります。  もちろん、一度ご購入いただいた方は中止後も1ヶ月間は利用できます。)
購入者特典 3: 診察の予約
世間には1日に300人から400人の外来患者数の整形外科もあるようですが、 私にはそんな能力はありません。 現在、私自身がしっかりした診療を行いたいため、診療する患者さんを限っています。 当日の診療で、やむを得ずお断りする場合も多々あります。 そのため、通常の診療の予約はうけておりません。 しかし、遠方の方の場合で、 情報をご購入され、さらにメールでのサポートの結果、 どうしても私の診察をご希望の方や、それが必要だと判断される時は メールで「診察の予約」のご相談に応じたいと思います。原則として自由診療です。ただし、第三者行為傷病届けによる健康保険診療も可能です。 メールサポートでの情報交換に加えて、 その場合は、さらにメールで詳しく問診させていただきます。 効率的に診療させていただくために。 深い予備知識をお持ちになった上での診療は、 とても効果的なものになると思います。
少しでも早く治したいのですが、先に冊子を購入させて頂いたらよいのか、診察して頂いた方がよいかなど迷っています。もし診察して頂くには、どのようにしたら良いでしょうか?直接診察を受けることを希望したいのですが、診療時間を教えていただけますか。また、それは保険診療になるのでしょうか。
もし、一度も整形外科医の診察を受けておられないようでしたら、まず、近くの整形外科で診察を受けてください。その上で、私の情報を購入されると、むちうち症についての理解が進むと思います。私の考えも、全て書かれています。これだけの内容は、時間的、量的に、私が直接診察しても、とても一度でお話できる内容ではありません。その上、ご購入いただければ、現時点では、メールサポートもあります。直接の診察は、それから考えてもよろしいのではないかと思います。なお、診察についての情報はhttp://katy.jp/katohseikei/を参考にしてください。   自由診療、または第三者行為傷病届けによる健康保険診療も可能です。
残念ながらこのレポートは次のような方にはお勧めできません。素直でない人自分の治療について積極的、前向きでない人 この事故をきっかけに、できるだけ多くの損害賠償金を得ようと考えている人 短気な人治りたくない人改善が見られないが、気持ちの良い、その時だけの治療で満足している人
この情報を、あなたに、心から お勧めする理由は
1.私は、むちうち症の治りにくい原因を知りました。  同時に、今一般に行われている、ムチウチ症治療の現状に疑問を持っています。  あなたが、治らない状態が続き、痛みが慢性化し、治りにくい状態になって、  さらには仕事も失ってしまう、  といった、不幸な状態にならないために、このマニュアルを作りました。2.良い整形外科医を見つけることは大変です。3.医師の人柄が良くても、むち打ち症について、   しっかり研究している医師を見つけることが大変です。4.良い医師は人気があり、忙しいので、    説明にゆっくりと時間をとれません。5.よい医師を運よく見つけても、診察の時間が短かいのならば、あなたも、理解できません。  話を聞いた時はわかった気がしても、家へ帰ったら、記憶に残りません。6.専門家や医療関係者の方で、むちうち症について、さらに深く知りたい人、  手っ取り早く、患者さんから信頼される治療方針を知りたい方にも、  この王道とも言える情報は、試金石であり、とても役立つと思います。7.保険会社の関係者で、ムチウチ症についての知識を得たい人にもお勧めです。  被害者の方への正しい対応を知り、正しいアドバイスができるようになります。  被害者には喜ばれ、あなたのストレスも減ります。結果的に、あなたの業績があがります。8.最後に、あなたは、少しでも早く、適切な治療を始めることで、   早く苦痛から解放されます。早く日常生活や仕事にも復帰できます。人生の時間は貴重です。あなたが苦痛から解放され、あなた自身の人生へ早く戻られることを、心から望みます。そのためには、あなた自身が決断し、行動することが最も大切です。KS頚痛研究室  整形外科専門医 加藤良一
KS頚痛研究室
むちうち症で不幸にならないために~むちうち症、むちうち損傷を長引かせないで治すために必要な7つの秘密~1300人以上を見てきた 研究が大好きな 整形外科医の治療法
病院を変えるか迷ってます夜間の交通事故で(当方、自転車で相手は車。私は被害者です)救急車に乗せられ、レントゲンでは異常なくその日は帰宅できました。その翌日に近所の整形外科A病院へ行きました。救急病院から紹介状とレントゲン写真をもらっていたので、A病院のお医者さんA先生に見せましたら、「むち打ちですね」と。以来、2週間ほど3日おきくらいにA医院に通い、首と腰に低周波を受けています。数日前から肋骨の下の方が痛くなってきて、通院のタイミングでA先生にそう言ったのですが、湿布が出されただけでした。気付いたら、A病院にかかって以来、A先生はいつも診察(会話のみ)1分ほどで、これまでに一度として私のじっさいの体をみてもらっていないと気付きました。(先生は紹介状とレントゲンを見ただけでした)患者の体を見ない病院ってあるのでしょうか?痛みのうったえも聞き流されてしまい、不安になってきましたので質問させていただきます。長文になり失礼いたしました。
レントゲンに異常がないのでむちうち症しか病名がなく、自賠責保険で今は厳しいので助骨は関係ないので、自分の健康保険で行ってくれみたいな形の対応をされるかロキソニン等の痛み止めを出してくれる冷たい対応されるみたいですよ。今はむちうち症は救急病院では事故でレントゲンの異常がない場合は通院を断わられる事が多いですよ。最近はむちうち症で後遺症障害金はもらえない場合が多いですよ。
徳島県小松島市在住です。先日信号待ちをしていた所、交通事故に遭い後ろから追突されました。幸い大きな怪我が無くてよかったのですが、日を増すごとに首、腰の痛みが増すようになってきました。初めのうちは特に痛みもなく治療の必要はないと思っていたのですが、後から痛みが出てくる事もあるのですね。こういう場合は整形外科に行った方が良いのですか?それとも他で治療できる所があるのでしょうか?どなたか教えて下さい。
交通事故に遭われてしまった中、大きな怪我もなく本当になによりです。追突事故の怪我はむち打ち症になることが多いです。仰るように初めのうちは症状も出ず、そのままにされてしまう方がいらっしゃるのですが、数日後に痛み、吐き気等、むち打ちによる症状が現れるます。整形外科での治療も可能ですが整骨院でも交通事故の施術はできます。交通事故の症状を専門的に行う当院では、交通事故特有の症状を理解し、整形外科で8年の勤務実績を持っている院長が対応いたします。事故後のお身体の状態は患者様一人ひとり異なりますので、その方にあった最適なフォローアップを心がけております。夜は20時まで受付しておりますので、お仕事帰りにもご来院いただけます。お辛い症状を我慢せずに、お早めのご相談・ご来院をお勧めしています。金ちょう整骨院https://kintyou-seikotsuin.com/accident
むち打ちとは?首から違和感があります。重たいです。今年一月頃交通事故がありまして、車でガードレールにぶつかってしまいました。この時は首に異常がなかったんで病院にはいきませんでした。で、それで最近なんですが、首がが妙に重くて、だるいです。首を回しても痛い所はないんですが、まれーに、仕事中、振り向いた時とかは、痛み?みたいな感じはあります。夜寝方がわるくなっただけなんでしょうか?で、それでなんですが?むち打ちとはどうゆう症状なんでしょうか?事故してから、数ヶ月後ぐらいで、でてくるのでしょうか?回答よろしくお願いします。
「むち打ち症」、正しくは外傷性頚部症候群です。「主に自動車事故のほか、飛び込み事故や偶発事故による衝撃で頸部にもたらされるエネルギーが頸椎(けいつい)の靭帯(じんたい)、椎間板(ついかんばん)、関節包(かんせつほう)および頸部の筋肉、筋膜を損傷して起こります(図4、図5)。以前は、追突事故などで頸部がむちのように前後にしなるために損傷されるとして、むちうち損傷と呼ばれた時期もありましたが、診断名としての“むちうち”は加害的な病名であり、患者さんに過大な不安を与える点では不適切なものといえます。したがって、現在ではむちうち損傷という病名は使われず、外傷性頸部症候群、もしくは頸部(頸椎)捻挫(ねんざ)、頸部(頸椎)挫傷(ざしょう)と呼ぶほうが一般的です。また、以前は四肢の知覚、運動障害を生じる脊髄症型(せきずいしょうがた)を外傷性頸部症候群に含めていましたが、現在ではこれを頸髄損傷として外傷性頸部症候群からは外しています。」「症状の現れ方頭痛、頸部痛、頸椎の運動障害が3大症状です。とくに、頸部痛は約88?100%に現れるともいわれます。後頭部、頸部から背部の痛みやこり、上腕から手指の痛みやしびれ、脱力などの頸肩腕(けいけんわん)症状や、めまい、眼のかすみ、耳鳴り、耳閉感、動悸、声のかすれ、吐き気、顔面の紅潮、全身の倦怠感(けんたいかん)、集中困難などのいわゆるバレルー症状があります。また、時に腰痛を訴えることもあります。一般的には事故直後から症状が出ることが多いといえますが、約5分の1は事故後12時間あるいはそれ以降に頸部痛が現れたという報告もあります。」http://health.goo.ne.jp/medical/search/10540100.htmlもし受傷直後から、これらの症状が持続していたのなら、外傷性頚部症候群の可能性があります。しかし3ヶ月して突然出現したのなら、他の原因を考えるべきでしょう。
首のむちうちの後遺症1年半くらい前に仕事中、階段で滑り後頭部、首、背中、腰と強く打ち脳震盪を起こしました。意識は朦朧としていましたが仕事中だからとむりやり意識を立て直し、次の日くらいに整形外科と脳神経外科に行き、むちうちと打撲と言われしばらく湿布を貼っていました。1年半たった今、左後頭部と左首が痛く、肩こりがひどいので病院でCTを撮ってもらいました。脳は何でもなく、肩こりからくるものだろうと言われました。肩こりはもともとひどい方で、子どもを抱っこするようになったのでとてもこっている時もあります。左の首を少し押すととても痛いので、痛みはこれかな?という気がするのですが、温めるのか冷やすのかどちらがいいでしょうか?また、けがをしてから首をポキポキするクセがついてしまい、これもだめですよね?詳しい方教えてください。
専門家vvuv00さん、はじめまして。私は整骨院の院長をしております。ムチウチの後遺症状に悩む患者さまを診させていただく機会も多々ありますので、参考になればと思い書かせていただきました。私見ながら、最初はムチウチによる負傷だったのが、いつの間にか『トリガーポイント化』したのではないかと考えます。『トリガーポイント』を聞くのは初めてかもしれませんので、簡単に説明させていただきます。vvuv00さんがムチウチで負傷した個所は、首の筋肉や靭帯であろうと思います。通常ですとそのような負傷は治療ともに癒えていくものなのですが、何かが災いして、筋肉や靭帯の負傷個所が異常に硬くなって、『シコリ』が形成されてしまう事がよくあります。では、筋肉や靭帯の中にシコリが形成されると、なぜ痛みなどの症状が起こるのか?筋肉や靭帯の中にも神経が通っているのですが、筋肉や靭帯の中にシコリが形成されると、そのシコリが神経を圧迫するからです。触診でそのシコリを押したりしますと、押されることで神経の圧迫が強くなり、正に症状そのものが起こったり、響くような痛みが起こったりします。シコリができた筋肉に力が入るように動かすと、やはり神経の圧迫が起こって動作痛が起こります。シコリが形成さていない筋肉や靭帯では、いくら押しても動かしても、そのような現象(症状)は起こりません。vvuv00さんも、ご自身で首を押してみた時に、正に症状そのものの痛みが確認できたのではありませんか?もしそうだとしたら、そこが【トリガーポイント】です。トリガーポイントを直訳すれば「引き金点」言いかたを変えれば「症状の発射点」つまり、症状を起している原因個所です。これで解消方法が見えてきましたね。トリガーポイント=シコリを解消する事です。私は独自の施術法で解消を図っていますが、他にも様々な解消法があるようです。ただし、普通に指圧したり揉んだり、ストレッチしたり運動したりしたくらいでは解消できないようです。(これは、私の患者さまの多くが実践していて、無駄に終わっております)やはり、トリガーポイント解消が可能な専門院(病院・整骨院・接骨院・鍼灸院・整体院・治療院)にお願いするべきです。ネットで、『トリガーポイント』『治療』『地域名』などのキーワードで検索すれば、トリガーポイントを解消してくれる専門院が見つかるのではないでしょうか。トリガーポイントの解消は簡単ではないので、ぜひ専門家にお願いしましょう。追伸別の視点から、筋肉や靭帯の負傷部位がトリガーポイント化してしまったのか?について書かせていただきます。vvuv00さんと同様な状態(症状)に悩み、私の整骨院を受診された患者様にお聞きしますと、「骨には異常が無い」と言う事で、湿布や薬での治療に終始しているケースや、負傷部に対して直接的な治療(施術)がなされていなかったケースが多いです。つまり、「負傷程度に見合った治療(施術)ではなかった」と言う事です。これは今さら言っても仕方が無い事ですが、もしも時が戻るなら、負傷程度に見合った治療(施術)が成されていれば、今のような困った状態には至っていなかったかも知れません。最後にもう一度・・・トリガーポイント解消が可能なプロを探してください。では、充分にご自愛くださいませ。
貴殿の交通事故によるむち打ち対しての回答に質問ですhttps://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q121800348…>整形外科医師は長くても3月を過ぎると「むちうち症」には診断には、症状固定か完治を言います。この回答に疑問があります。①私は交通事故による頸椎捻挫【むちうち】で7か月経過後に相手保険会社から症状固定の話が来ました整形外科の医師からは8か月経っても症状固定の話はありませんでした。その医師は事故当初から6か月、1年かかるかもしれないと言われていましたつまり貴殿が断言した【3か月経過時点】では症状固定のこの字も言われていません。どうしてでしょうか?②貴殿は3か月を過ぎると完治【症状固定は上記でありますので】言われるという事ですが、整形外科の医師はむちうちで痛いと言う患者に完治を告げるのですか?>整形外科から保険会社への請求は、「むち打ち症」は3カ月しか受け付けてもらえません。これに関しても相手保険会社は私と相手保険会社が7か月を経過した時点でそろそろ症状固定との話をし、私の通院先医師と面談し通院先の医師が相手保険会社に「私と保険会社が納得するなら症状固定にします」と言われましたつまり3か月しか受け付けてもえないという事は無く8か月で症状固定してから病院からの請求はなくなりました【私が通院しなくなったので当然です】どうしてでしょうか?貴殿は3か月と断定されてますが>拒否する方法はありますが、それは今からすぐに弁護士に委託することで可能になります。弁護士に依頼すると医師が診断した症状固定が覆るにですか?私の知識ではありえませんが、私の知識不足ですか?更にむちうち程度の慰謝料で【弁護士特約が無い場合】弁護士に依頼しても弁護士費用だけで損をしますし、このケースと状況で弁護士は受けてくれませんよ。それでも金をかければ受けてくれるのでしょうけど、損をしても弁護士を雇う意味あるのですかね?>素人が、保険会社と戦うことはできません。保険会社には、最低3人ほどの専門の顧問弁護士が常についているのです。私は保険に関しては素人ですが、交通事故に関して調べ上げ保険会社に完全勝利しました。相手保険会社とはかなりやりあいました。担当者も変わりました勝利内容としては自賠責保険で70万円程度の慰謝料でしたが結局手取りで190万円まで行きました。保険会社とは相手が嫌と思わせるほどやり合い殆ど完全勝利です。私は3人の弁護士相手に完全勝利したのですか?質問相手に間違った回答をしては損害を与えるだけです。回答するならもっと勉強して下さい。
症状固定は本人と医師が同意のもと行うことですから強制力はありません。保険会社は初め貴方に同意書を求めたと思います。症状やカルテ開示承諾の同意書です。保険会社は医師などにどれくらいかかるのかなどを調査してきます。上記の②は全く当てはまりませんし、3か月というのは保険会社の都合でしかありません。自賠責の範囲内でまとめようとするからです。(上限120万まで)それだと後で国に請求して保険会社に返金されるので保険会社は損をしないからです。上記の①が多いと思います。一般的なむち打ちの目安であって強制力もありません。またむち打ちは他覚症状があまり出ない為このようなことは多々あります。